法人の車買取の必要書類である登記簿謄本

法人の車買取の必要書類である登記簿謄本

法人の車買取の必要書類である登記簿謄本

車買取では、書類は非常に大事です。書類が備わっているかどうかで、買取金額が支払われるまでのスピードも大きく違ってくるからです。ところで法人の場合、その書類がやや特殊になります。法人は、個人とは違う書面が必要になるケースがあるからです。

 

例えば登記簿謄本です。そもそも車の売却では、車検証と印鑑証明書が必要になります。どちらの証明書にも住所が記載されているのですが、法人によってはその2つの書類の住所が異なっている場合があります。車検証に記載されている住所は東京都ですが、印鑑証明書は大阪などの具合です。

 

このような時には、別途で書類が必要になります。個人の場合は、役所から住民票を発行してもらう必要がありますね。ところが法人の場合は、住民票ではなく登記簿謄本が必要になるのです。ここは、個人と法人の違いの1つですね。

 

ではどこに行けば登記簿謄本を発行してもらえるかというと、法務局です。法務局に足を運んで、申請に必要な書類を記載する事になります。その書類を法務局に提出すると発行してもらえます。

 

また登記簿謄本を発行する際には、手数料がかかります。数百円前後はかかりますね。ちなみに登記簿謄本は基本的には即日発行してもらう事が可能ですが、郵送で書類を送ってもらう事もできるそうです。
ですので発行の流れ自体は、住民票の発行とよく似ています。
ミラ 買取

 

その書類は、なるべく早めに発行しておいた方が良いでしょう。できれば車査定の前に、その書類を発行しておくべきだと思います。査定後に発行してしまいますと、車の買取金額が変動してしまう可能性があるからです。場合によっては金額がダウンしてしまう事もあり得ますので、できれば査定前に発行してもらった方が支払いがスムーズだと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ