為替レートと車の買取金額の関係

為替レートと車の買取金額の関係

為替レートと車の買取金額の関係

車の価格というのは、刻一刻と変動しています。ところで私たちの身の回りの身近なものの1つに、他にも変動しているものがあります。

 

外貨です。いわゆるドルやユーロなどですね。毎日のテレビなどで、本日は1ドル幾らなのかとよく報道されています。

 

外貨の価格というのは、常に動いています。昨日は1ドル101円でしたが、今日は1ドル102円などの具合です。その1ドル幾らというのは、いわゆる為替レートと表現される事が多いのですが。

 

ところで為替レートは、実は車の査定額とは関連性があります。結論から言えば円高になると査定額は下がる傾向がありますが、円安になるとその逆の傾向があるそうです。

 

ちょっと東南アジアの国を考えてみましょう。東南アジア諸国というのは、買取業界と非常に大きな関係があります。車の買取業者は、あの国々に売却している事が多いからです。
スイフト 買取

 

ところで円が高くなりますと、もちろん日本車の金額も高めになりますね。円高になれば、東南アジア諸国の方々は日本の車を買い控える事でしょう。ですので円高になると、国内業者による車の買取金額もちょっと下がりがちと言われています。逆に円安でしたら日本の車は比較的リーズナブルですので、東南アジア諸国にとっては日本車を買いやすい訳です。

 

このように為替レートというのは、車の買取金額には多少の影響があるのです。しかし、その程度は「多少」です。大きく影響する訳ではありません。

 

それよりも車自体の値段の方が、よく動くと言われています。ですので車を少しでも高く売却したい為に円高になるのを待つ必要は無いと思います。そもそも円高になるまでにかなり少し時間がかかると思うのですが。
為替レートのタイミングを待つというより、むしろ思い立った時に車を売却する方が大事だと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ